往復小説#6:「酒場にて」(掌編)

この記事は約1分で読めます。
発信者:天外黙彊

赤ワイン 「私はどちらかと言えば、肉やチーズなど味のしっかりした食べ物とあいまわ。魚などの生臭い料理とは少し相性が合いませんの……」

日本酒 「馬鹿言っちゃぁいけねんよ、酒に料理を合わせるだなんてもっての外。江戸っはテメエの指しゃぶったって酒飲めるってぇんだからな。」

ビール 「男は黙って生ビール。」

麦焼酎 「あの日の僕が置いてきたものは何だったんだろう。」

日本酒 「たそがれてる場合じゃあねぇってんだよ。」

ノンアルコールビール 「あれ?入口を間違えちゃったかな?」

麦焼酎 「あなたが、今流行りの酔わない酒というものですな。」

日本酒 「なにィ?酔わない酒だぁ?そんなんは酒でも何でもねェつーの」

麦焼酎 「彼も麦一〇〇%の本格派なんです。私も麦でできてます。彼とは遠い親戚のような気がしてなりません。」

日本酒 「あのなァ焼酎の親方よ、寝ぼけたこと言っちゃァ困るぜ、麦由来なら親戚だってぇんなら、麦一〇〇%の麦茶なんて兄弟やら何とやらになっちまうぜ。」

赤ワイン 「熱くなっちゃってやァね。なんだか男臭いわ。男臭い!」

ノンアルコールビール 「それより皆さん、この部屋ずいぶん酒臭くはありませんか?」

<完>

タイトルとURLをコピーしました